大阪の足つぼスクールが教える足つぼの効果を最大限アップさせる足裏と体の関係とは

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

大阪の足つぼスクールが教える足つぼの効果を最大限アップさせる足裏と体の関係とは

大阪の足つぼスクールが教える足つぼの効果を最大限アップさせる足裏と体の関係とは

足つぼの効果とは、こちらでも解説した通り、足の疲れを取ったり、むくみを改善したりするだけではなく、内臓の機能アップさせて体全体を元気にするものです。

その効果をさらにアップさせる秘密を、今日はあなたにこっそりお教えします!

この技術を使えば、あなたのサロンも人気になっちゃうので教えたくないんですけどね 笑

足つぼセラピストなら知っておきたい足裏と体の関係

足裏と体って、別に何の関係もなさそうに見えますよね。

というか足裏ってただ体の一部であるという認識の方が多いと思います。

でも実は足裏ってすごいんですよ。何がすごいって…、足裏が”体の一部“なのではなく、足裏は”体全体“です。

え?どういうこと?!ですよね^^;

足裏って体全体の縮図なんです。反射区って言うのをご存知ですか?この横に載せている図を見た事ある方は多いと思います。これが反射区。

親指には脳、その下に胃、腸、骨盤と反射区があるのですが、体の構造を知っている方はピンと来たかもしれません。そう!体の縮小版が足裏に入っているんです。

足裏の反射区を刺激すると内臓が動き出す

足裏に体の縮小版が入っているということは…、言い換えると、「足裏が体全体」とも言えます。

足裏には実際には内臓があるわけではなく内臓の分身?とも言える反射区があります。反射区に刺激を与えると該当する内臓が動き出します。

これは神経の流れで起こることであり、何も不思議なことではないんですよ。例えば胃の反射区であれば、胃に神経の刺激が流れていき、胃が活発になるんです。

反射区を刺激すれば内臓がどんどん動き出します。内臓が元気になるので、あなたも元気になります。これが足つぼの効果ですね。

足裏の反射区は体の不調を表してくれる

反射区の役目は、神経の刺激で内臓を動かすと言うだけではありません。実は反射区は、”体の状態を表してくれる役目“もあるんです。

どういうことかというと、例えば、角質。足裏に角質ができた事はないですか?

角質というのは、皮膚が荒れているだけではなく、足の角質のある場所の反射区に該当する内臓の調子が良くないかもしれないねというサインなんです。

女性に多いかかとの角質これは実は骨盤周りや腰などの不調を表します

角質取りを何度やっても繰り返すと言う場合は体の状態が良くないので足がずっと訴えていると言う可能性もあります

角質とは表面的にできたものではなく体の状態から来ているものでもあるんですね。

足裏の角質が体の状態なのであれば角質をなくせばいい

かかとの角質が骨盤周りや腰などの不調を表す。

これは骨盤周りや腰などの不調があるからかかとの角質ができると言い換えることもできます。

どちらにしろかかとの角質があると言うのはよくないこと。

だから、かかとの角質をなくせばいいんです。でも…、なくすだけじゃ足りません!できないようにしないと!

でも角質取りではいけません。角質取りをしても繰り返すと言うのは多くの方が知っていると思います。じゃあどうすればいいのか?

「骨盤周りや腰などの不調を良くしながらかかとのケアもする」のです。

そうすれば、不調がなくなるのだから、かかとの角質はできなくなります。かかとの角質ができなくなれば、骨盤周りや腰などの不調も起こりません^^

繰り返す角質をなくし体調まで良くする足つぼ

かかとなど足の状態を良くして体の状態も良くしてしまうと言う足つぼがあります。

それが当あらいあんすのしあわせのあしつぼ®︎セラピスト養成コースで資格が取れる、しあわせのあしつぼ®︎。

今までのお話の通り、”足の状態が体の状態を表す“という原理をそのまま生かし、それにより効果を高めているんです。

特徴は、「足の状態を変える」という施術で、まるで足を”彫刻“するかのように施術します。

この彫刻により、角質や足の良くない状態をどんどん変えていくことができ、その結果、体の状態が変わっていくのです。

「いろんな自然療法をやってきたけど何も効果がなかった」というたくさんの方が、この足つぼを受けることで悩みを改善されているんですよ。

改善例は、当あらいあんす会長で、しあわせのあしつぼ®︎考案者である梶原の”婦人科サロン発祥の地 ワンドマユ “のHPで紹介しているので、「ワンドマユ HP」で検索してくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。