足つぼサロンに来たお客様の足裏が黄色かったらあなたはどんなアドバイスをする?

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

足つぼサロンに来たお客様の足裏が黄色かったらあなたはどんなアドバイスをする?

足つぼサロンに来たお客様の足裏が黄色かったらあなたはどんなアドバイスをする?

あなたが足つぼサロンをやっていて、お客様の足裏が黄色いということが判明!

そんな時、あなたならどんなアドバイスをしてあげますか?どんな足つぼの施術をしてあげますか?

え?その前に、黄色いってことに気づかないなんてないですよね?

足つぼセラピストなら、お客様の足裏の色に敏感になって、色に合わせて効果のある施術をしてあげましょう!

足裏が黄色いのは胃腸が疲れているサイン!

足裏が黄色いのは、実は胃腸が疲れているというサイン。

足つぼの施術をするときは、胃・脾臓の反射区をしっかり刺激してあげましょう。

コリコリっていうしこりを感じるかもしれません。

また、腸の反射区も硬くなっていたり、コリコリしている場合があるのでそちらも念入りに!

足裏が黄色いとなぜ胃腸が疲れているってことなの?

不思議ですよね。黄色いと胃腸が疲れている…。デタラメ?(笑)と思っちゃいそうですが、きちんとした根拠があります。

これは、東洋医学です。黄色は胃腸(東洋医学的に言うと脾胃)の状態を表します。

足裏は体の状態を表すので、胃腸が疲れていたら黄色っぽくなります。

足裏を見ると胃腸が疲れているけどお客様に自覚がない?!

足つぼをやって「胃腸が疲れていますね〜」とセラピストが言うと、「そんなことないですけどね」とよく言われます^^;

これはこれでオッケーです。なぜなら、お客様って自分の体のことをわかってそうで、わかっていないから。

胃腸が疲れていることなんて、気づかない人がほとんどです。胃痛や胸焼け、膨満感など症状がある場合は別ですが。

症状がなければ、人は不調にはほとんど気付きません。

だから、「疲れてなんかないですよ」と言われても気にしない!「そうですか。足裏にちょっと表れていたので、そうなのかなと思ってしまいました」程度で話を終えておきましょう。

足裏の黄色をピンク色に変えてあげるのが足つぼセラピストの仕事!

お客様に不安を与えてはいけないので、基本的に足裏を見て「ここが悪そう」と言う話はしない方がいいです。壺売られると思われますよ 笑

「ちょっと胃腸が疲れているかもしれないので、しっかりめにやっておきますね!」程度はオッケー!お客様も自分の足をしっかり見てくれているんだと納得いきますからね。

さて、黄色いと判明したのなら、そしてしっかりめにやっておくと言ったのであれば、やってあげないといけません!

黄色を健康的なピンク色に変えてあげる施術です!・・・ってどんな施術?ですよね〜。

基本は、先ほど言った通り、胃腸と脾臓の反射区をしっかりめにすると言うことです。ぜひやってあげてくださいね!

こういった足の色を変えて体の状態を良くしていく施術は、当あらいあんすの、しあわせのあしつぼ®︎セラピスト養成コース(現在は福岡で開講中・大阪も開講予定/2021.5現在)で学ぶことができます。

お客様の悩みを解決できる本格的な足つぼ資格を習得したい方は、資料を読んでみてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。