サロン開業したら集客でまずやるべき意外な3つの集客法

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

サロン開業したら集客でまずやるべき意外な3つの集客法

サロン開業したら集客でまずやるべき意外な3つの集客法

サロンを開業すると、サロンの内装やタオル、ベッドなどの備品の準備、カウンセリングシートなどの作成・・・、とたくさんやること、準備することがあります。

でも一人で黙々と作業しているだけじゃ、サロンオープンしても誰もやってきません。

開業準備とともに、サロン集客も一緒にやっていきましょう!

とは言っても集客っていろんなやり方があるし、初めてだと何をしていいのかわからない!

というわけで、今回は、サロン開業したらまずやるべき集客法を3つお伝えします。

まずはあなたのサロンを近所の人に知ってもらうことから!

"予約をもらう"ということがゴールなので、スタートは、"自分のサロンを知ってもらう"というところです。

知ってもらうという最初の段階では、"幅広く浅く"でオッケー。

最初のうちは細かいことにこだわらず、「ここにサロンできました!」っていうのを知ってもらえばいいんです。

そのために一番手っ取り早いのが、ポスティング。

ポスティングって近所の家のポストにチラシを入れさせてもらうってこと。

サロンには、遠方ではなく、通える人に通ってもらう必要があるので、"一番確率の高い通える人=近所の人"です。

ポスティングは、ただポストにチラシを入れるだけなのでとっても簡単ですし、近所を散歩しながらポスティングしているうちに、「この近所にはこういうタイプの人が多く住んでるのかも」など調査もできるので、今後の集客に役立ちますよ。

ネットが発達しているこのご時世で、ポスティング?と侮るなかれ!

ネットは周知されるまで時間がかかるので、とにかく最初の"手取早さ"はポスティングなのです。

 

ポストにフリーペーパー入ってない?あるなら掲載してもらおう!

集客の強い味方が、実はフリーペーパー。今はだいぶ少なくはなりましたが、ネットと連携している物などもあり、地元の人はこのフリーペーパーで情報収集するという習慣がついていることも多いので、これは外せません!

あなたのポストにフリーペーパーが入っているのなら、"この近所ではこのフリーペーパーでお店を探す人が多いんです”と言ってくれているようなもの。

出す前に、どんな広告が出ているのかをチェックしましょう。同じ業種が多いのなら、競合ではありますが、需要も大きい可能性があります。またどんな内容で掲載しているのかもチェック!差別化をはかれますよね。

あとは、広告会社に問合せ!先ほども言った通り、今はネットから問合せができたり資料請求などがあったりするので検索してみたり、電話番号が書いてあるのならまずかけてみるのもいいですね。

そこで料金や契約内容をしっかり聞いて、採算が合いそうなら掲載を決めていいと思いますよ。(最初は様子を見るために短期的に契約しましょう)

 

女性は置きチラシが好き?近所のお店同士でチラシ交換!

お店に行くと、レジ回りに近所のお店のチラシやカードが置いてあるのを見たことがある方も多いですよね。

あれ、何気に手にとってしまいませんか?お会計を待っている間の暇つぶしになったり、チラッと見て興味があれば、もらって帰ったり。なかなか良い役目を果たしてくれるんです。

しかも、"お店に置いてくれているサロン"ということで、信頼感もあり!これを使わない手はありません。

手にとってもらいやすいように、またお店側に、このチラシなら置いていいよって思ってもらえるように、女性受けしやすいおしゃれなチラシ(ショップカード)を作ってみましょう。内容はもちろん大事ですが、デザインや見栄えだけで選ばれたりしますからね、女性の場合。

 

ネットやSNSが発達している中、紙の媒体を忘れがちですが、まだまだ根強く残っています。それに効果もあります。でも効果を期待する際、大事なのは、「紙だけで終わらせない」こと。

紙のチラシを見て、興味があればネットへ誘導という道筋を作っていれば集客になりますよ。

活かし方、使い方が大事です。チラシの作り方やネット(ブログやSNS)集客については、以下の同じテーマの記事も参考にしてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。