リラクゼーションマッサージや足つぼの自宅サロンに集客するキャッチコピーの作り方

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

リラクゼーションマッサージや足つぼサロンに集客するキャッチコピーの作り方

リラクゼーションマッサージや足つぼサロンに集客するキャッチコピーの作り方

リラクゼーションマッサージや足つぼの自宅サロンに集客するために、広告を出したりSNSを巧みに使ったり、ブログやHPを作ったりといろんなことをしますよね。

でもうまく行く人、そうでない人がいます。

同じ媒体を使っても、結果が違うのは、どう集客しているかの違いですね。

ホッ●ペッパービューティーとか誰もが見そうなプラットフォームに広告を出してもこないところは来ないんです。

費用もかかるのに、残念ですよね。

そんなことにならないための、いやどんな媒体にでも活かせる秘策をお教えします。

それが、キャッチコピー!

ほとんどの自宅サロンが"サロンでやってること"を書いている

広告を見ているとおもしろいのが、ほとんどのリラクゼーションマッサージの自宅サロンが"サロンでやってること"を書いているってこと。

「え?それでいいんじゃないの?」と思いがちですが、それって集客できない広告です。

広告とは、人を魅了して、行きたい!って思わせないといけないんですよね。

見せるだけが広告ではなく、それでいかに集客し売上をあげるかってこと。ここまでが広告です。

"サロンでやってること"を書いて、「行きたい!」とはならないはず。

だって、「当サロンではオーガニックのオイルを使用した全身リラクゼーションマッサージをしています」と読んで、「わ〜行きたい!すぐ予約する!」なーんてなります?ならないでしょ。

自分がやってること書いても意味がないってことです。

 

ほとんどの自宅サロンが書かない"あなたがどうなれる"を書こう!

じゃあ何を書けばいいのってことですが、自分がやってることの逆、お客様がどうなれるってことを書くんですよ。

「オーガニックのオイルを使用した全身のリラクゼーションマッサージをしてお客様はどうなれるの?」っていうのを教えてあげてください。

「家事の忙しさで凝り固まったあなたの体がとろけるオイルマッサージ(オーガニックオイル使用)」

だったらどうです?

「家事に追われててしんどいのよ〜。とろけるのなら行ってみたい!」ってなりませんか?なんとなくどうなれるのかっていうのが想像できるので、興味が出るんです。

 

ほとんどの自宅サロンが知らない"自宅サロンに集客したい人"の設定法

先ほど例にあげた「家事の忙しさで凝り固まったあなたの体がとろけるオイルマッサージ(オーガニックオイル使用)」っていうのを読んで、不思議に思った人もいると思います。

「家事の忙しさ?なんでそんな限定的なの?」って。

実はこれ、戦略です。集客の大事な!

これを知っておかないと、例にあげたようなキャッチコピーは書けません。

でも、ほとんどの自宅サロンがそれを知らないので、集客できるサロンって限られているんです。

集客の相手を限定的にする。

これです。あなたのリラクゼーションサロンにどんな人が来て欲しいですか?

主婦?OL?学生さん?

そしてそれらの人は、どんな生活をしていて、どんなお困りごとがあるのか?

詳細に書き出しましょう。

 

こちらの記事も参考に

「自宅サロンを開業するために必要なのはターゲットを決めること」

「サロン集客を頑張ってるけどうまくいかない時にする3つのチェック」

 

 

あなたのサロンで誰がどうなれるのかがわかったら、キャッチコピーを作る!

どんな人に来て欲しいかがわかったら、あなたのサロンでやっていることと合わせて、言葉にするだけです。

主婦のためのサロンでオイルマッサージをしているサロンだったら、例えば以下のようになるということですね。

「家事の忙しさで凝り固まったあなたの体がとろけるオイルマッサージ(オーガニックオイル使用)」

新入社員のOLのための足つぼサロンなら、例えば、

「慣れない座りっぱなしの仕事でパンパンの足をすっきりさせる仕事帰り足つぼ」っていうのはどうでしょう?

こうやってキャッチーな短い文章に仕上げるのです。

 

キャッチコピーをチラシに書いて、いざサロン集客スタート!

キャッチコピーができたら、あとはチラシに書くだけ!大きくパッとみてわかるように書きましょう。

もちろん、HPやブログ、SNSにも使えますよ。どの媒体も同じように使っていいですが、慣れてきたら、媒体により体裁(書き方)を適切に変えていくと効果的!

ただ、これですぐに集客できるかというとそれは違います。

集客ってトライ&エラーの繰り返しで、「こうやってみて違うから、次こう」という感じでやってみながらより良いものに変えていくんです。

だから、今、チラシを出してみて、もし集客できなかったとしてもそれはオッケー。学んだということが大きいです。

何が原因で来ないのかを考えて、次のキャッチコピー作成に生かしてくださいね。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。