自宅サロン開業前に悩むリラクゼーションサロンメニュー価格、どう決める?

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

自宅サロン開業前に悩むリラクゼーションサロンメニュー価格、どう決める?

自宅サロン開業前に悩むリラクゼーションサロンメニュー価格、どう決める?

リラクゼーションマッサージで自宅サロン開業する時に、サロンメニューを決めますが、あなたがオーナーなのでその価格はいくらでも自由に決めることができますよね。

でもそれが難しい!いくらでもオッケーとなると、果たしていくらなのか?どれくらいの価値があるのか?客観的に見てみないとわからないものです。

今回は、リラクゼーションマッサージのサロンメニューの価格設定についてお話しします。

リラクゼーションサロンメニューの価格は自分がいくらだと思ったらそれでいい

結論から言うと、「5000円!」と思えば、その価格でいいんです。

とここで終わってしまうと、「え?それでいいの?不安」となるので(笑)、もう少し解説…。

価格とは、そのサービスの価値に対する対価です。「これだけの価値があるので、これだけ払ってね」と言うことでお金をいただきます。

だから、価格を考える前に、「私のサロンメニューはどれくらの価値があるの?」と考えてみてください。そして、あなたがお客様だったらいくら払えるのか、客観的に価格を一度決めてみましょう。

 

その価格と平均的なサロンメニュー価格を比べてみよう

サロン業界には、だいたい決まった価格設定というのがあります。ほとんどの場合、10分1000円ということになっています。

なので、あなたがいくらくらいの価値があると考えたあと、「一般的には10分1000円で60分だったら6000円か。じゃあ、私のつけたこの価格は高い?安い?」とそこから上か下にずらす。もしくは10分1000円が妥当かもと思うのであれば、まずはそこからスタートする。

価格は後々変えられるものなので、まずは、オープン記念とかプレオープンキャンペーン、モニター募集などでお安く設定してお客様を呼び込むのもいいですね。

 

サロンメニュー価格を決めてからサービスを調整するのもあり!

ここまでは、「こんなリラクゼーションのサロンメニューがあるから、価格はいくら」と決めてきましたが、実はこの逆もできます。

「価格をいくらにしたいから、こんなリラクゼーションサロンメニューを作る」

これはよく、サロンメニューを増やす時にやります。1つのスタンダードなメニューが、背中のマッサージとすると、それを60分6000円にする。でも単価の高いメニューも欲しいしお客様のいろんなニーズに応えたいということで、だいたいはいくつかのコースを作ります。

その時に、「スタンダードが背中のみで6000円。10000円のメニューも欲しいから、背中と脚の背面マッサージも入れたものを作ろう」と決めるのです。

価格の設定は、どちらが入り口でもできます。こんなメニューが3つあるから、いくらと決める方法と、いくらの単価を作りたいからこんなメニューをという決め方と。

どちらでも、あなたが決めやすい方でやってみてくださいね。

 

リラクゼーションサロンメニューに必要なのは松竹梅の3コース!

できれば、主軸となるリラクゼーションのサロンメニューには3つのコースを作るといいです。

3つあると、お客様は選べるという楽しみもあります。こちらからすると3つあったほうが、売りたいメニューを売りやすいというメリットがあります。

あなたも経験があると思います、どこかお店に行った時、3つのメニューがあり、真ん中を選んだということが。

3つのメニューがあると、人は真ん中を選びたくなります。「上だとちょっと高いし、下では満足できないかも。じゃあ真ん中で!」これは人間の心理ですね。

 

1つだけだと、それが高いのか安いのか、お客様も基準にするものがなく選びにくくなります。その結果、例え安いコースでも来てもらたらよかったのに、それすら逃すという事態に。

でも3つだと、迷ったとしてもとりあえず一番安いコースから入ってもらえたりするので可能性が広がります。

なので、できるだけメニューを3つのコースにしましょう。そして、多くの方が真ん中のコースを選ぶので、真ん中を一番売りたいコースになるようにしてくださいね。

コースに入らないサービスなどは、オプションメニューという形で別に用意しておきましょう。

 

最後に、もう一度サービスと価格を見直してみて、「これなら快く払える!」と思ったら、それでゴー!です。サロン集客ができるようになり需要が伸びたら(売り上げがアップしたら)、"価値"が高くなるので価格の見直しをしてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。