自宅サロン開業時に考える、リラクゼーションサロンの営業日数は週何回がいい?

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

自宅サロン開業時に考える、リラクゼーションサロンの営業日数は週何回がいい?

自宅サロン開業時に考える、リラクゼーションサロンの営業日数は週何回がいい?

自宅でリラクゼーションサロンを開業する人が増えていますね。自分で仕事の時間も決められるので、そういう自由なところが魅力的!

しかし、いざ、自宅サロンの営業日や時間を考えると、自分の都合優先になったり、オープンしてみるとその営業日時ではお客様が来なかったり…。

営業日や時間も、経営戦略の一つなので、開業前にしっかり考えておかないといけませんよ!

自宅サロンに来てほしいお客様は何曜日の何時に通いやすいのか

あなたが自宅でサロン開業する理由はきっと、「こんな人に楽になってもらいたい」「こんな人を助けてあげたい」という想いが根底にあるはず。

では、その人って何時ごろサロンが営業していたら通いやすいですか?曜日は?まずはそこから考えましょう。

お客様目線になることが大事です。「土日は休みたいから休業!」なんて自分よがりなことをやっていたら、どれだけ集客をがんばってもお客様は来ないですよ。

人気サロンになれば、休みたいときに休める、自分の希望を盛り込んだサロン経営ができるようになるので、最初は徹底的にお客様目線で営業日と時間を考えてみてくださいね。

 

リラクゼーションサロンに集客したいのは主婦?OL?学生さん?

もう少し掘り下げて、「その人って何時ごろサロンが営業していたら通いやすい?」を考えてみましょう。

例えば、来てほしいお客様が35歳のOLさんであれば、会社帰りに通えると便利かもしれません。主婦であれば、朝の用事が済んで子供が学校に行っている間の午前中や昼間がいいでしょう。OLはOLでも、平日は残業ばかりで土日しか空いていないというOLさんであれば、土日オープンしているサロンを探します。

このように、"どんな人に来てほしい?"を具体的にすると見えてきます。あなたの自宅サロンがいつ営業するべきなのか。

 

自宅サロン経営はリピート命!サロンの予約が取りやすい営業日時を設定しよう!

自営業だと、自分の都合により休みを取ろうと「不定休」としているところも多いです。不定休でも、「お客様の予約したい日は開けますよ」とお客様で柔軟に対応して、休める日に休むという不定休はまだいいのですが、自分都合の不定休は、お客様にとって予約がしづらくリピートにつながりにくい障壁となります。

自宅サロン経営の大事なところは、新しいお客様を常に呼ぶのではなく、一度来ていただいたお客様にいかにリピートしてもらうかです。新規客の獲得にはリピート獲得より数倍の労力がかかりますからね。リピート戦略をしっかり考えておかないといけません。

その戦略になる一つが、固定の営業日時を決めるということ。

 

「固定にすると、来れない日が出てきて逆に予約につながらないんじゃ?」と思う方もいると思いますが、逆です。

固定にして、お客様にサロンに通っていただくスケジュールを作ってもらうんです。こちらのスケジュールに合わせてもらう。一見、こちらの都合みたいに思いますが、決まった新しいスケジュールを作るというのは、新しい習慣ができ、サロンでリラクゼーションマッサージを受ける施術効果を高めることにもつながります。

そして何より、「他のスケジュールを調整してでもこのサロンに来る」という気持ちになっていただくことが大事なので、効果を出し、あなたのサロンが第一優先となるようにしていきましょう。

そもそも、その固定の営業日時はすでにお客様目線で作られたものなので、相当特殊出ない限り、お客様も調整可能なはずですよ。

 

自宅サロン経営がうまくいくかどうかは、いろんな角度から見ていく必要があります。営業日時なんてただのスケジュールと思っていたら大間違い!カレンダーを見ながら、あなたの未来の顧客を思い浮かべながら、開業前の準備中にしっかり考えておいてくださいね。

 

サロン開業準備中の方は、以下の記事も参考に。

・資格を取ったのにまだサロン開業していない?開業に向けての3ステップ

・サロン開業前に悩むサロンメニュー価格、どう決める?

・サロン開業に向けて準備する時に必要な資金はいくらくらい?

・サロン開業したら集客でまずやるべき意外な3つの集客法

・サロン開業準備中のセラピストのためのカウンセリングシート作成法

・サロン開業準備中に持っておきたいサロン成功マインド

・夢のセラピストでサロン開業!初めて自分の力で20万稼ぐ感動を教えます

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。