ライバル店に差をつける!集客できるサロンメニューの作り方

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

ライバル店に差をつける!集客できるサロンメニューの作り方

ライバル店に差をつける!集客できるサロンメニューの作り方

自分でサロンを開業するとなると、全てを自分で決めることができます。

営業時間や定休日も自由だし、サロンメニューだって、自分がこんなのやりたい!というのがあれば、それにすることができる。価格だってそうですよね。

でも、好き勝手に決めていては、お客様は来ません。自分よがりのお店には誰も興味を持たないのです。

自由にはできるけど、考え方はお客様目線。サロンメニューもその目線で考えていくとうまくいきますよ!

今回は、実は奥が深い?サロンメニューの作り方について解説します。

あなたのサロンの"売り"がメインメニューに

あなたのサロンは何屋さんですか?まずこれに一言で答えられないと、サロンメニューが決まりません。

「足ツボ屋さんです」と即答できたとしても・・・、それでは不十分!

「どんな人向けのどんな足ツボ屋さん?」という感じで詳細に答えられないと!

では、もう一度聞きます。あなたのサロンは何屋さん?

「えっと、疲れが溜まっていて、家事とか台所に立ちっぱなしで浮腫んでいて足をぎゅーっと揉んでもらったら気持ちいいだろうな〜って思ってる忙しい主婦向けの主婦専門足ツボ屋!」

すっごくいいです!!これでやっとメインメニューが作れます。

 

足ツボ60分?それだけじゃお客様は買わないよ

では、"疲れが溜まっていて、家事とか台所に立ちっぱなしで浮腫んでいて足をぎゅーっと揉んでもらったら気持ちいいだろうな〜って思ってる忙しい主婦"に、「足ツボ60分」と見せて、売れるでしょうか?

まぁ数名は、「足ぎゅーっとしてくれるのかな。行ってみようかな。」と想像を膨らませてくれて行くかもしれない。でも、「足ツボ60分」はどこにでもあるので、あなたのサロンじゃなくてもいい。

他に家の近くでアクセスが良いサロンがあれば、そっちに流れてしまいます。

そうならないように、「ここがいい!」と思ってもらえる"ネーミング"にしないといけないんです。ここが重要!

 

お客様がライバル店を選ばなくなるメニュー名の付け方

では、どういうネーミングにしたらその主婦が「ここがいい!」と思うでしょう?

例えば、「主婦の"家事むくみ足"スッキリ足ツボ60分」とか。これなら、「私のための足ツボ?」って思ってもらえるかもしれませんね。

「こっちにも足ツボ屋さんあるけど、なんとなくこっち(あなた)の方がぴったりなのかも。主婦って書いてるし、家事むくみ足って書いてるし…」

あなたも美容院のメニューで同じ「カット」でも、「うねり軽減カット」など書かれていて、あなたがうねりを気にしている人だったら、「書かれているからこっちかな」って潜在的に思ったことあると思うんです。

書いてたら、その人に刺さります。「こっちかも」と思わせることができます。書かないと、誰にいいのかわかりません。だからはっきり書くのです!

 

メインメニューが決まったらサイド(オプション)メニューを作ろう!

メインメニュー=サロンのコンセプトのようなもの。

「主婦の足のむくみをスッキリさせるサロンです!」ということなら、上記のメニューのような感じでバッチリですね!

さらに、このメインメニューを、松竹梅の3つ用意しておくとベター。

こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

・サロン開業前に悩むサロンメニュー価格、どう決める?

 

メインメニューが3つあり、そのメニューの効果をさらにあげるサイドメニュー、いわゆるオプションも選べるようにしておくとなおよし!

これで単価アップにもなるし、お客様も、自分に必要なオプションをつけられるのは嬉しいこと。

足ツボ以外に、オイルマッサージとか肩こりマッサージ10分など、お持ちの技術を生かして、そのお客様に喜ばれるメニューをオプションとしていくつかラインナップさせておきましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。