自宅サロンの物販商品をオンラインで販売する3つの手順

婦人科サロン発祥の地資料請求はこちら

自宅サロンの物販商品をオンラインで販売する3つの手順

自宅サロンの物販商品をオンラインで販売する3つの手順

リラクゼーションマッサージなどで自宅サロンを開業するのなら、是非とも物販をしましょう!というお話を別のブログでしているのですが、今回は、それをオンラインでする方法について解説します。

コロナ禍や、お客様がサロンに来れない場合、また自分がお店を休まなくてはいけない場合に役立ちますし、時代的にもオンライン化はやっておいた方がいいでしょう。 

自宅サロンでオンライン販売する手順・その1

まずは、オンラインで販売する場所を見つけましょう!

今はとっても気軽に販売できる場所はいっぱいありますので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

例えば、BASE、STORES、Makeshop、Shopify®️など。 これらのネットショップサービスを使えば、簡単に自分のお店をオンライン上にオープンすることができます。

ネットショップサービスにより手数料や初期費用が異なりますので、詳しくはそれぞれ検索してみてくださいね。

自宅サロンでオンライン販売する手順・その2

場所が見つかったら、あとは商品の写真を撮って、商品説明文とともに掲載するだけ!本当に簡単にオンラインショップを始めることができます。

写真はとても大事な要素なので、プロに頼む必要まではないですが、こだわって撮影してくださいね。

写真撮影で大事なのは、それを見ただけでどんな商品化がだいたいわかるくらいいろんな角度、場所から撮る。

リラクゼーションマッサージ用のオイルなら、外から見た容器に入っている様子を撮るだけでなく、その中のオイルはどんな色なのかというのも撮っておきましょう。

またそのオイルを塗布してマッサージしている様子なんかも撮影できればすごくいいですね。

商品説明文のところには、オイルの原材料などだけでなく、どのように使うのかということも書いておくと購入につながりやすいです。

自宅サロンでオンライン販売する手順・その3

掲載まで準備ができたら、次は購入された後のことを考えましょう。実際に購入があったとき、こんなことが起こります。

注文メールが自分とお客様に届く

→入金確認する(クレジットカードなら即時・銀行の場合は自分で確認)

→納品書や明細を準備する(同梱するのなら)

→商品を梱包する

→発送メール送信、発送する

この流れに必要なものを準備する必要があるんですね。

・各種メール文章の作成

・納品書や明細のテンプレート準備

・梱包材の準備、梱包の仕方を考えておく

・発送方法を考えておく(持ち込み、集荷/どこで?コンビニ、ヤマト等)

準備は最初は大変ですが、やってしまえばあとは使い回しなので楽ですよ。

メールの文章は、いつも自分がオンラインで購入しているお店から届くメールを参考にすればOK!

納品書や明細は、「納品書 テンプレ」など検索すると出てきます。(同梱するかはお店によりますが、あった方が親切。同梱ではなくPDFでメールで送信もOK)

梱包材は、アスクルなどで検索すればなんでも売っています。販売商品にあったものを選びましょう。

あとは、発送方法ですね。業者や方法により料金が異なるので、調べてみましょう。郵便で送れる大きさであれば郵便が一番安くなりますが、紛失などのリスクを考えると最初から宅急便などを利用している方がいいです。

以上、これらの準備が整えば、いつでもスタートできます!

まずは、お客様にオンラインショップのURLをご案内し、オンラインでも変えますよとお伝えしましょう。

ネットショップサービスを使った場合、そのサービス内全体でショップが公開されるのであれば、自宅サロンのお客様以外にも商品を買ってもらえる可能性があるので、慣れてきたら、本格的にネットショップを拡大していくのも売上の助けになっていいですね。

なお、取り扱い商品によっては、公で販売してはいけないというメーカーもあるので、必ず事前にメーカーに問い合わせをしましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。